アパートの不動産投資┃金融商品に対して丁寧なアドバイス

制度がある

一括借り上げ制度を利用する前に知っておきたいこと

一括借り上げについては新聞やテレビなどで度々話題になっています。この一括借り上げとは、投資家が新築のマンションを購入するときに、保証会社がそのマンションの家賃を保証してくれるというものです。 これにより、投資家は安心してマンションを購入をすることができるという仕組みになっており、内需の拡大にも役に立っているものです。 ですが、一見すると一括借り上げはあまりにも投資家にとって都合がいい内容です。そこで、一括借り上げを利用する前にその制度について詳しく知っておきましょう。 まずは、一括借り上げの制度は家賃を保証しますが、家賃の額までは保証してくれません。30年という保証が付いているものの、2年おきに家賃の更新が必要になります。

事前に決まりを調べておく

そのため、2年毎に家賃が下がっていくため、空室状態が続くと赤字になる恐れもあるのです。 そこで、赤字になりそうな場合は解約をしてしまえばいいという考えがありますが、多くの場合一括借り上げの契約時には違約金が発生するようになっていますので、一方的に解約をすると、余計に出費が大きくなり、赤字がさらに増えてしまいます。 また、マンションの修繕をする場合には、借り上げ会社と締結した修理業者に修理を任せなければならないという決まりがあることもあります。この場合は、投資家自身で修理業者を見つけるよりも割高に設定されていることがほとんどです。 ただ、どれも一括借り上げの内容を事前に知ら得ておくことで保証会社との間でトラブルを避けることはできるはずです。

↑ PAGE TOP