アパートの不動産投資┃金融商品に対して丁寧なアドバイス

契約をする

毎月の手数料さえ支払えば安定した家賃収入が手に入ります

投資用マンションをお持ちの方の一番の悩みは空室問題でしょう。空室は即、収入減につながります。たとえ家賃が入ってこなくても、固定資産税や管理費などはかかります。 その点、一括借り上げ契約をすれば空室に悩まされることもないでしょう。一括借り上げとは、専門の業者と物件のオーナーとの間で一定の期間契約を結び、その契約の間は空室であっても家賃の保証をしてくれます。家賃は各部屋の賃借人からではなく、業者から一括で振り込まれますので確定申告も随分と楽になるでしょう。業者には家賃を保証してもらう代わりに、毎月手数料を支払うことになります。業者はあなたにかわって、入居者の募集から退去清算まで行ってくれます。副業として不動産投資をしている方などには、とても便利です。

契約内容はよく読んでください

何十年も一括借り上げしてくれる会社があります。しかし一括借り上げする際に契約内容をよく確認する必要があります。借り上げをする期間がイコール当初の家賃を保証する期間ではありません。たいてい、家賃は更新のたびに見直されます。つまり何十年も借り上げる契約はするものの、その間何年かおきに契約更新をするので、当初の家賃がずっと続くとは限らないのです。又、家賃保証に例外を設けている場合もあります。例えば入居者が退去した時に、1か月か2か月間は家賃の免除をする会社もあります。入れかわりの激しいワンルームマンションであれば、毎年のように家賃免除が起きるでしょう。 ですから一括借り上げの専門業者を決める際は注意が必要です。そうは言っても何年も先の家賃が、値下がりされてしまうかどうかはわかりません。しかし積極的に募集をかけたり、法人契約に強い会社であれば値下がりのリスクは低いかもしれません。情報取集が大切です。

↑ PAGE TOP